バリ島の風俗街と言えば、サヌール、JL.ダナウポソ!
置屋と、バンガローが密集しています。

バンガローといっても、女の子とのお遊び目的や情事のためのバンガローですから、日本でいったらラブホテルのノリですね。

バリ島に来てから、女の子と遊ぶのはサヌールが中心で、これまで数え切れないほどお世話になったんですが、最近女の子との感じがいいんです。

以前は、いかにも娼婦!といった感じで事務的なSEXが多かったんですが、最近は恋人モードで、いちゃいちゃしています。
それで、終わった後「チップ頂戴」なんて言われません。

なぜ?

では、その秘訣を教えましょう。

1.兄ちゃんと仲良くなろう
バンガローの兄ちゃんや置屋のおっちゃんとは仲良くなるに越したことはないです。
そうすれば、性格のいい子や、すれていない子を紹介してくれます。
どうやって、仲良くなるか?
僕は、とにかく同じ所に何度も言って、常連さんになりました。
そうすれば、僕の好みも分かってくれて、ストライクの子を紹介してくれます。
とはいっても、この方法、旅行者にはつらいかと思いますので、旅行者はお土産やチップ作戦がいいと思います。


2.最初は、お話から
女の子が来て、すぐに服脱いで、シャワー浴びて・・・・
だと、どうしても事務的になります。
まずは、会話からスタート。
といっても、日本語はできません。インドネシア語がベストなんですが、難しければ英語でも可。
インドネシアの若い子は、たいがい英語はできます。
話す内容なんて、簡単でいいんです。
・名前はなんていうの?
・どこから来たの
・いつバリ島に来たの
・年齢は?
そして、忘れてはいけないのは
・かわいいね (きみ、きゃわい~ね~)
必ず言ってあげてください。
ちなみに、インドネシア語では「ちゃんてぃ~っく」です。


3.そしてキス
お話をし、女の子の横に座ったら、手を方にまわし、体を寄せて、そっとキスです。
娼婦を相手にしているなんて思わないで、素人の女の子を口説いているつもりで行ってください。
最初は、軽いキスですが、相手が嫌がらなければ、ディープキスに移行しましょう。
そして、キスをしながら、ベットに倒れる。
手は、おっぱいへ~、
女の子が、あなたの股間に手を伸ばしたら、あなたも女の子の股間へ・・・


4.ここまで来れば・・・
いい雰囲気になりましたね。
ブラなんかはずしてあげて、おっぱいをもんじゃいましょう。
自然の流れでシャワーに向かいます。
シャワーでは、女の子がかいがいしく、あなたの固くなったところを洗ってくれますが、ただ洗わせていてはいけません。
洗っている途中に、女の子の胸やお尻などをタッチして、ラブラブ、いちゃいちゃモード全開です。


5.シャワーが終わったら
ベットで待っているんですが、ぜったい寝ていてはいけません。
大の字に寝て、「さあ、おれのあそこをしゃぶれ」なんて、やっていたらこれまでの苦労が水の泡。
女の子がシャワーから出てきたら、タオルを渡してあげて、背中なんかを拭いてあげてもいいですね。
そして、ベットでは、またキスから始めましょう。


6.ご奉仕の心で
常に、あなたがリードしましょう。
とにかく、まずは女の子に感じてもらう。
気持ち良くなってもらうことが大事です。
そうすれば、きっといい事ありますよ~


とにかく、気をつけてほしいのは、相手も人間ってことです。
「おれは客だ~」
なんて、態度でいったら、相手も事務的になります。

南国バリ島でひと時のアバンチュール
恋人モードを作ってあげれば、相手も喜んで接してくれますよ。


ってことで、みなさんがんばりましょ~~~